ホーム >

用語集

用語集

水平分業閲覧された回数:0

水平分業とは、製品の開発や製造の一部を、外部企業に発注して製品化することである。例えば、スマートフォンの製品化において、自社は企画と基本設計のみ実施し、他はすべて外部メーカーに委託することなどがこれに・・・(→続き)

垂直統合閲覧された回数:0

垂直統合とは、製品の企画、開発から製造、販売に至るまで、全てのプロセスを自社内、または自社のコントロールが及ぶ関係会社で組織することである。水平分業の対義語として用いられる。水平分業と比較して、サプラ・・・(→続き)

材料力学閲覧された回数:0

材料力学とは、構造材に負荷を加えた時の変形、破壊の原理を研究する学問のことである。製品の安全設計の観点において、すべての機械設計者が十分理解しておくべき知識でもある。材料力学は、複雑な機械構成物すべて・・・(→続き)

サーフェスモデル閲覧された回数:0

サーフェスモデル(英:surface model)とは、3D CADや3DCGの表現手法の一つで、立体図形を多角形の面(ポリゴン)の集合として扱う方式のことである。

コンフィグレータ (コンフィギュレータ)閲覧された回数:0

コンフィグレータ(コンフィギュレータ)とは、製造業において、顧客から要求された仕様を入力することで、製品構成を作成するツールのことである。コンフィグレータは、製品の見積りを素早く正確に立てることができ・・・(→続き)

コンカレントエンジニアリング閲覧された回数:0

コンカレントエンジニアリング(英:concurrent engineering)とは、製品開発における複数のプロセスを同時並行で進め、開発期間の短縮やコストの削減を図る手法のことである。各部門間での情・・・(→続き)

個別受注生産閲覧された回数:0

個別受注生産とは、製造業における生産形態の一つであり、顧客ごとの要求仕様に基づき、製品の受注後に設計・製造を行う形態のことである。個別受注生産では、製品引き渡しまでの期間が長い(Ex. 製品によっては・・・(→続き)

構想設計閲覧された回数:0

構想設計とは、設計の基礎となる仕様(Ex. 意匠、構造、性能、費用)を決めるプロセスのことである。製品の品質やコストの大部分は、本プロセスにおいて決定されるため、設計資産や実績情報を構想設計の段階で活・・・(→続き)

構造解析閲覧された回数:0

構造解析とは、構造物に静的・動的に負荷・荷重をかけ、変位や応力を有限要素法を利用して求めることである。線形静解析、非線形解析、振動解析などがある。CAEを効果的に活用するには、構造解析の意味・目的を正・・・(→続き)

原価企画閲覧された回数:0

原価企画とは、製品開発プロセスの初期段階で製品にかかる目標原価を設定し、その達成のために関係部門(Ex. マーケティング、生産技術、購買)が施策や販売価格などを検討する活動のことである。目標原価は、E・・・(→続き)

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 次へ

ページトップへ