ホーム > 資料・情報 >

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

古くて新しい課題"ナレッジマネージメント" への図研流アプローチイメージ


ナレッジ活用ソリューションKnowledge Conciergeについて、株式会社 図研 常務取締役 プリサイト事業部長(現:株式会社 図研プリサイト 代表取締役社長)上野 泰生が執筆したホワイトペーパーです。
(全17ページ,PDFファイル,約1.1MB)

【概要】
品質向上や技術伝承の手段として、自社が潜在的に持っているはずのナレッジを、どう顕在化させて使いこなすのか?製造業にとって、ナレッジ活用は古くて新しいテーマと言えます。過去、多くのITベンダーが、様々なナレッジ管理のソリューションを提供してきましたが、その結果は双方にとって決して満足のいくものではありませんでした。 

最大の理由は「ナレッジマネジメントを成功させるには、継続的に多大なリソースが必要である事」です。

当社はここにフォーカスを当て、リソースをかけずにナレッジマネジメントができないか、その手法やしくみについて研究開発してきました。 本資料では、その背景と共に具体的なソリューションについて紹介していきたいと思います。
発行年月日:2015年12月24日
  • 立ち読みする
  • ファイルをダウンロード

産業機器メーカーの戦略的BOM活用2013:09:09:16:00:00

産業機器メーカーの戦略的BOM活用イメージ

超軽量3D(XVL)を活用した部品標準化の実践

株式会社 図研 プリサイト事業部 プリサイト営業部 AM営業課長(現:株式会社 図研プリサイト 取締役)尾関 将が執筆したホワイトペーパーです。
(全10ページ, PDFファイル, 約4.0MB)

【概要】
グローバル市場での商品競争力向上など、製造業がここ数年来直面してきた課題は、経験則に基づいたイノベーション(高機能化・高付加価値化)を続けるだけではクリアできない。

このような状況を打開するには、現状の組織やこれまでの流儀に拘泥せず(むしろ否定し)、本気で合理的なモノづくりプロセスを指向しなければならない。

本稿では製造業の活力の源泉であるエンジニアリングチェーンを飛躍的に進化させる一つの方向性を提示し、それを支援するプラットフォーム「visual BOM」について解説する。
発行年月日:2013年9月 9日
  • 立ち読みする
  • ファイルをダウンロード

進化したBOM "Basis Of Monozukuri"2012:06:01:18:00:00

進化したBOM "Basis Of Monozukuri"イメージ


株式会社 図研 プリサイト事業部 プリサイト営業部 AM営業課長(現:株式会社 図研プリサイト 取締役)尾関 将が執筆したホワイトペーパーです。
(全6ページ, PDFファイル, 約3.0MB)

【概要】
今日、もはや単なる現状業務の効率化だけを目的としたIT投資では、激烈なグローバル市場で競合に対抗できる製品競争力獲得は絶対にできない。プロセス革新を下支えするITを上手に活用して、組織生産性を強化することこそが、唯一の道ではないだろうか。

そのためには、ものづくりの全ての局面において、BOMと3Dデータを戦略的に活用することが肝要であると考える。BOMに超軽量3Dデータを高度に融合させることで、革新的なものづくり支援プラットフォームをつくりだし、これまで単なる帳票でしかなかったBOMに、設計の意図が加わることで、ものづくりに関わる全ての部門を横断した製品情報共有が実現できる。

本稿では、その具体例を示すとともに、新しいエンジニアリング・プラットフォーム「visual BOM」について解説する。

発行年月日:2012年6月 1日
  • 立ち読みする
  • ファイルをダウンロード

ページトップへ